5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

 ☆☆☆ アラーは偉大なり ☆☆☆ 

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/04 08:13 ID:Gv69sTNM
アラーハラクバル!  アラーハラクバル! アラーハラクバル!  アラーハラクバル! 
アラーハラクバル!  アラーハラクバル! アラーハラクバル!  アラーハラクバル!
アラーハラクバル!  アラーハラクバル! アラーハラクバル!  アラーハラクバル! 
アラーハラクバル!  アラーハラクバル! アラーハラクバル!  アラーハラクバル!


83 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/31 04:18:43 ID:9ah1LL0g
☆国境を越えた友愛話を紹介 インド洋沿岸の津波被害で

インドネシアに次いで死者が多かったスリランカで、サーフィンを楽しんでいたのはイタリア人カップル、
マルコさんとガールフレンド。海上で大波を待っていたときに、とてつもなく大きな波がやってきた。
通常の波ではない、津波かもしれない、海上の方が安全だ、と咄嗟に判断し、ボードの上で津波をかわすこ
とにした。しかし、波は大きすぎ、カップルは離れ離れになってしまった。
マルコさんは、その後、流されてきたスリランカ人男性を救助。しばらくするとガールフレンドの姿も見つ
け、3人で海の上を漂ったという。
ぼうぜんとする二人だったが、大きな被害を受けたのにもかかわらず、スリランカ人から食事を与えられ、
近くの丘の上の宿に避難させてもらった。「スリランカで受けた優しさは一生忘れない。彼らに恩返しがし
たい」とマルコさん。
一方、新婚旅行でタイのプーケットを訪れていたときに津波の被害を受けたイスラエル人のグロスさん夫妻。
命は助かったものの、ホテルのセーフティーボックスに入れておいた現金や航空券、パスポートなどの貴重
品を失った。
ホテル付近でどうしようかと思案していたときに出会ったのが、東エルサレムのパレスチナ人の二人連れ。
「どうしたのか」と尋ねられ事情を説明すると、彼らは、「わたしたちにはまだ所持金があるから」とグロ
スさん夫妻に帰りの航空券を買うお金を渡したという。
グロス夫妻はイスラエルに戻り「本当にすばらしい人たちだった」と感謝の念を述べた。

ttp://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200412310141195

19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★