5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【中国/主権侵害】東シナ海ガス田開発も再開【12/08】

7 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:04/12/08 20:56:06 ID:bCytZ+0/
正論 中国は南沙の人工島改造を忘れたか 沖ノ鳥島めぐる身勝手な言い分 杏林大学教授・平松茂雄
ttp://www.history.gr.jp/news/040518_07.html
 わが国最南端の領土である沖ノ鳥島周辺の排他的経済水域で、中国の海洋調査船が今年に入ってから
わが国の調査停止の要求を無視して頻繁に活動している。

 わが国政府は先般北京で中国政府と協議したが、中国政府は沖ノ鳥島について、日本の領土であること
を認めているものの、国連海洋法条約が規定する「島」ではなく、排他的経済水域を設定できない「岩」であ
るとの認識を示したばかりか、「日本側と見解の相違がある水域」として、尖閣諸島と並んで沖ノ鳥島をあげた。

 沖ノ鳥島は満潮時に海面下に没してしまいそうな小さな二つの岩からなっている。波の浸食作用で年々岩
が削られ、このまま推移すると海面下に没してしまい、わが国の領土でなくなってしまう。

 小さな岩とはいえ、沖ノ鳥島を中心に半径二〇〇カイリの円を描くと、その面積は約四〇万平方キロメート
ルで、ほぼ日本の陸地総面積に等しい。

 そしてこの島の海底にはコバルト、マンガンなどの希少金属が埋蔵されているとみられている。小さな島と
はいえ貴重な領土である。そこで岩が崩れないようにするために、日本政府は「排他的経済水域における人
工島、設備および構築物は島の地位を有しない」との海洋法条約の規定に基づき、三百億円を投じて岩の周
りに波消しブロックを作った。

 わが国は国際法の枠組みの中で可能な領土の保全策を講じたのである。それに対して中国は「人間が居
住または独自の経済生活を維持することのできない岩は排他的経済水域や大陸棚を有しない」との海洋法
条約の規定を援用して、沖ノ鳥島周辺海域を日本の排他的経済水域と認めず、従って同島周辺海域での調
査活動に際して日本政府の許可を得る必要はないとの立場に立っている。

32 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)