5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

やっぱり危険なアメリカ産牛肉

1 :朝まで名無しさん:04/12/21 20:45:39 ID:NDqzdVVO

やっぱりアメリカ産牛肉は危険だった。
食わなきゃいいって言うけど、牛っていろんなところに使われるし、いろんな事情で牛料理を食わないといけないときもある。
日本政府に輸入禁止措置の継続を求めよう。

http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/keizai/20041221/20041221a2720.html

>経済ニュース 更新日時 : 2004年12月21日(火)19:32
>2004年12月21日(火)
>BSE対策、工場はずさん 米検査官組合が警告書簡
> 【ワシントン21日共同】米国の食品検査官でつくる労働組合が、同国の食肉加工工場では牛海綿>状脳症(BSE)防止策が守られておらず、
脳などの危険部位が食肉に混入している恐れがあると警>告する書簡を、
米農務省に提出していたことが21日までに分かった。ロイター通信が報じた。
>同省は「危険部位が流通することはない」と否定しているが、米国産牛の対日輸出再開交渉に影響す>る可能性もある。
>米政府は昨年12月のBSE感染牛発見を機に、月齢30カ月以上の牛の危険部位の完全除去などの>対策を打ち出した。


97 :朝まで名無しさん:05/01/09 00:29:39 ID:hYDT19N8
やはりアメリカでも科学的な全頭検査がなされるまでは輸入禁止が良いな
だいたい安全なコメでさえ長らく輸入禁止だったんだから今度は肉を半永久的に輸入禁止でよいだろう?

98 :朝まで名無しさん:05/01/09 11:31:28 ID:0yj2KC6N
食わなきゃいいといっているやつは馬鹿
牛はいろんなところに使われているから牛入り食品を全然食べないことは不可能
欧州でもそれで感染して死んだ人いるんだから

99 :朝まで名無しさん:05/01/09 11:41:31 ID:0yj2KC6N
やっぱり全部検査しないと駄目だな
この分野のノーベル賞もらった学者がそういってる

>http://www.asahi.com/special/bse/TKY200412080181.html

>
 牛海綿状脳症(BSE)などの原因とされる異常プリオンの発見で97年にノーベル医学・生理学
賞を受けた米カリフォルニア大のスタンリー・プルシナー教授が7日、東京都内で、BSEには未解
明な部分が多いと指摘し、「合理的な検査方法は全頭検査だと思う。消費者は全頭検査を主張すべき
だ」と呼びかけた。

>食品安全委員会の意見交換会で意見を述べた。厚生労働省と農林水産省から生後20カ月以下の牛
を検査対象から除くなどのBSE対策の見直し案を諮問されている同委員会が、より高感度の検査法
(CDI)の開発も手がけている同教授から最新の情報を学ぼうと企画した。

>同教授は、現在の検査法と同程度のコストで、感度の高いCDIを来年にも欧州で使用できる状況
にあると話し、「何カ月以下は異常プリオンがないとはいえない。検査対象を月齢で区切ることには
合理的な説明がつかない」と主張した。


100 :朝まで名無しさん:05/01/09 15:31:56 ID:0yj2KC6N

http://www.asahi.com/special/bse/TKY200411010291.html

>農林水産省と厚生労働省は1日、今年3月に牛海綿状脳症(BSE)に感染した死亡牛(94カ月
)の末梢(まっしょう)神経組織の一部や副腎からも、BSEの原因とされる異常プリオンたんぱく
質が見つかった、と発表した。BSE対策では、このたんぱく質がたまりやすい脊髄(せきずい)な
どの特定危険部位の除去が義務づけられている。食肉になる筋肉中の神経など、新たな部位からみつ
かったことで、危険部位の見直し議論につながる可能性もある。

>両省は、独立行政法人・動物衛生研究所プリオン病研究センターの研究として発表した。


101 :朝まで名無しさん:05/01/09 15:38:45 ID:5uhRVz99
牛丼食いたい

102 :朝まで名無しさん:05/01/09 15:40:10 ID:0yj2KC6N
>>101
その前に
http://www.dpj.or.jp/bse/
これ読んでくれ
日本の民主党のアメリカ視察記だ

103 :朝まで名無しさん:05/01/09 17:39:20 ID:x/4dQVjb
やはりミサイル技術くらい自前でなんとかしないと。
合わせ技でこられたら、突っぱね続けてもいられなくなる。

104 :朝まで名無しさん:05/01/09 18:32:27 ID:6oVajKi2
>>103
そうだね
日本がむやみにアメリカに屈服せざるを得ないのは憲法9条信者のせいだ
9条信者の主張が日本の国防力を低下させアメリカ依存を高めてきた
アメリカ依存派(9条信者)は国民の安全を考えていない

105 :朝まで名無しさん:05/01/09 19:43:38 ID:jb/YDka+
アメリカBSE蔓延常識、データ捏造、ついでに
鯨を日本に取らせないのは、牛肉を売るため、
鯨愛護の為ではありません。

106 :朝まで名無しさん:05/01/09 20:16:35 ID:AI8PlllQ
アメリカでは業界に遠慮して事実が公的な場ではいえないんだよね
>>102
にそんなことが書いてある

107 :朝まで名無しさん:05/01/09 20:19:37 ID:BfoQhIID
ようは日本人が買わなければいいだけだろ。
需要がない物なんか自由競争で淘汰だよ。

仕方ないと諦めずにやればいい。
外食は魚、肉食自体減らせばいい。
単価の高い肉を少量食べるというのもいいかもな。

108 :朝まで名無しさん:05/01/09 20:34:23 ID:AI8PlllQ
>>107
いろんなところに混ぜられるからな・・・

109 :朝まで名無しさん:05/01/09 23:12:43 ID:AI8PlllQ
・まだ肉骨粉が使われていること
・処理の際に背骨を割っているので危険部位の蓄積された異常プリオンが飛び散ること
・解体された牛はカレーのルーなどあちらこちらに使われること
を考えれば死者は数千人にはなるのではないかと

110 :N爺:05/01/10 01:23:38 ID:zBr+Bk/6
経済制裁は宣戦布告とみなす

111 :朝まで名無しさん:05/01/10 01:52:35 ID:qI/8x3Ro
変異型ヤコブ病と狂牛病の因果関係については、単に可能性が取りざた
されているだけで、未だ立証されているわけではない。
因果関係を否定する学者も多くいる。
この点でいえば狂牛病によって死亡したことが確認された人間は、まだ1人
もいない。

まあ、百歩譲って因果関係が有ると仮定するとしよう。
最初にBSEと変異型ヤコブ病の関連が取りざたされた英国において、BSEで
死亡した牛が18万頭以上いるのに対して、変異型ヤコブ病が発見されてから
現在までの患者は100人程度に過ぎない。
仮にこの原因の100%がBSEからの感染であると仮定したとしても発症率は500
万人に1人に過ぎない。
しかも英国では危険部位とされる脳や脊髄を恒常的に食べていた。
脳単独の料理も有ったし、脳がハンバーガーなどのつなぎとしてミンチに混入
されていた。
日本では脳や脊髄を食う習慣は無い。

結論から言えばBSEを恐れて牛肉を食わないなど、隕石にあたるのを恐れて
外出しないのと同じくらい馬鹿げている。
せめて「狂牛病 ヤコブ病 因果関係」とでもぐぐって関連サイトを読んで欲しい。

112 :朝まで名無しさん:05/01/10 09:52:20 ID:8+nJV3Vb
>>111
それは全く違うぞ。
イギリスでは対策を取った。肉骨粉の禁止、危険部位の除去、検査の徹底。
アメリカでは全部行なわれていない。

>変異型ヤコブ病と狂牛病の因果関係については、単に可能性が取りざた
されているだけで、未だ立証されているわけではない。

水俣病のときも関係を否定する学者もいたな。
特に政府寄りの学者はそうだった。
科学的メカニズムが正確にわからなくてもきわめて怪しいのは事実だろう。

>死亡した牛が18万頭以上いるのに対して、変異型ヤコブ病が発見されてから
現在までの患者は100人程度に過ぎない。

アメリカは18万頭で済むのだろうか?
死亡した牛は検査せずに捨てている。

>日本では脳や脊髄を食う習慣は無い。

少しは勉強してから発言しろよ。
アメリカでは解体するときに脊髄が飛び散って肉に付着するんだよ。
せめて日本の民主党の対米視察の報告でも読んでから考えろよ。

結論から言えばBSEの原因である異常プリオンが付着している可能性があることを知りながら
牛肉を食べるのはエイズウイルスに汚染されているかもしれない血液製剤を打つのと同じようなことだ。

異常プリオンの危険性を指摘したノーベル賞学者の見解でも読んで欲しい。

>>111はどういう意図で危険な牛肉を日本で流通させ大勢の人を殺したいのかわからないが、
>>111の主張は水銀で汚染されている水を「水俣病の正確なメカニズムはわからないから流通させて飲ませよう」というようなものだ。

113 :朝まで名無しさん:05/01/10 09:55:58 ID:8+nJV3Vb
だいたい、牛が気が狂って死んでいるのに人間には影響しない発想がおかしい
ニューギニアの人食い人種でもヤコブ病はよくみられたが、これはヤコブ病で死亡した人の
肉を食べていたからだ。

異常プリオンが食されたら食べた人に入ってその人にも感染するのはすでに経験的に明白。
関係を否定する学者というのは不勉強か、なんだかの理由で食品業界のために発言しているか(水俣病のときでも政府に近い学者は関係を否定する声明を出していた)
「現段階ではメカニズムはわからない」というのを一般人が誤解して伝えたかであろう。

114 :朝まで名無しさん:05/01/10 09:59:01 ID:axaNkpjK

アメリカ産牛肉を喰う奴は脳がスポンジになるリスクを負う。

   覚悟して 喰え。




115 :朝まで名無しさん:05/01/10 10:21:31 ID:8+nJV3Vb
>>111はこういうまともなサイトこそみるべき
googleで偶然ひっかかったいかがわしいサイトにだまされてはいかんよ

http://www.asahi.com/special/bse/TKY200412080181.html
牛海綿状脳症(BSE)などの原因とされる異常プリオンの発見で97年にノーベル医学・生理学賞を受けた米カリフォルニア大の
スタンリー・プルシナー教授が7日、 東京都内で、BSEには未解明な部分が多いと指摘し、「合理的な検査方法は全頭検査だと思う。
消費者は全頭検査を主張すべきだ」と呼びかけた。


116 :朝まで名無しさん:05/01/10 10:39:27 ID:8+nJV3Vb
>>111
はすごい詭弁だな。
イギリスで死者100人は数年前のことで、潜伏期間を考えれば感染者は数倍いると推定されている。
欧州全体では現時点でも数百人は間違いない。

隕石に当たって死ぬ人が数百人もいますか?
疫病と隕石を同じにするとは・・
コレラやペストも隕石ですか?


117 :朝まで名無しさん:05/01/10 11:30:07 ID:KtTEotQq
>>116
最後の一行が無かったらなぁ・・・

118 :朝まで名無しさん:05/01/10 11:47:33 ID:axaNkpjK

アメリカ産の日本向け牛肉

一定の枠に牛を詰め込み、遺伝子組み換えトウモロコシなどの餌で短期間で太らせる。

だから吉野家などが 低価格で牛丼を作れる。

また、アメリカ産牛肉は一定年齢以下の牛肉はBSE検査をしないし、それ以外も検査も抜き打ちだ。

脳がスポンジになるリスクを負える者だけが 喰える。



119 :朝まで名無しさん:05/01/10 11:48:43 ID:axaNkpjK
文が滅茶苦茶だがヨロスコ

120 :朝まで名無しさん:05/01/10 11:52:45 ID:FADJ01bT
あたまがBSEに犯されると、BSEがその人間の心情を変化させて、BSEの肉を
食べることを他人に勧めたくなるという機構があるのではないか?
アメリカの政府と産業関連の人間の全頭検査を要求したくなる。

121 :朝まで名無しさん:05/01/10 11:57:51 ID:AZa3aBW2
英国の死者100名も立証されていない、また牛が狂った様な仕草はTVが取った
末期的な映像でしかも牛を興奮させてのやらせ..そりゃ足はぬかるんで正常な牛でも滑るし転ぶ!
また世界中に潜在的なBSE患者が数倍も居れば日本のマスコミがそれこそBSEの牛か馬か鹿並に騒ぎます。
少なくともマスコミの風評にフラフラと流される者達よりはBSEの牛の方がマトモ!



122 :朝まで名無しさん:05/01/10 13:06:23 ID:8+nJV3Vb
>>121
>そりゃ足はぬかるんで正常な牛でも滑るし転ぶ!

あのような転び方はしないだろうね。
実体はむしろよろよろしている牛を両側から支えて検査を通しているのがアメリカの実体。
アメリカの検査制度なんてアメリカ人でも信用していない。
業界からの選挙資金のためにアメリカの政治家は表では信用しているふりをしているだけだ。

>英国の死者100名も立証されていない

統計的に調査がなされ、英国政府も危険を認めて対策を採っていますが、何か?

>また世界中に潜在的なBSE患者が数倍も居れば日本のマスコミがそれこそBSEの牛か馬か鹿並に騒ぎます。

意味不明。潜伏期間には検査不能なんだよね。

>少なくともマスコミの風評にフラフラと流される者達よりはBSEの牛の方がマトモ!

若い牛は安全とかいう風評にだまされているものやましてや>>121みたいに食肉業界の宣伝に流されてBSEの危険を認めようとしない者よりは
健康な牛の方がマシかもな


123 :朝まで名無しさん:05/01/10 13:09:32 ID:ySqMSZn6
牛肉はDNAトラッキングされてるわけじゃないから、偽装されても
わからないよね。もう食わされてるんじゃないの?USAビーフは
オーストラリアも中国も輸入してるでしょ?

124 :朝まで名無しさん:05/01/10 15:51:48 ID:axaNkpjK
 

125 :牛肉狂信者:05/01/10 16:45:44 ID:aSg5ZUJc
それにしてもアメリカ人ってバカなの?
この長官、本当に異様に交渉下手だと思うw

禁輸打開に首脳会談必要 米農務長官、BSE問題で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050110-00000060-kyodo-bus_all

どーして、日本人がカタくなる方へカタくなる方へ、いっちゃうのかなぁw
圧力かければいいってもんじゃないよ。逆効果ってもんです。

記事中では
>日本の農水省が輸出再開を「妨害している」と指摘、
>事態打開には首脳会談が必要との見解を示した。

だけど、このスレ http://society3.2ch.net/test/read.cgi/agri/1099389087/
読むとむしろ逆ですから!農水省は輸入再開やむなしと思ってますから!
議論をややこしくしてるのはアンタの強硬姿勢ですから!残念!

・・・ってとこかな。
この長官が更迭されるまで輸入再開は無いよーな気がします。
早いとこ、体汚染国なみの対策取りなさいよ、アメリカさん。
吉野屋も日本に文句言わないでアメリカに陳情に行けば良いのにね。

126 :牛肉狂信者:05/01/10 16:51:02 ID:aSg5ZUJc
あと、>>125の記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050110-00000060-kyodo-bus_all
で一つ大問題だと思う点があるんだよね。

>長官は、昨秋訪米した小泉純一郎首相とブッシュ大統領との会談で、
>禁輸問題に一定の前進があった

さて、今後は「ポピュリスト小泉」でいくのか「アメポチ小泉」でいくのか
少々見物ですなw

127 :牛肉狂信者:05/01/10 17:03:18 ID:aSg5ZUJc
私は米国産を「危険」と断ずる気は一切ありません。
筋肉から感染性は見出されていません。
むしろ「危険」か「安全」かの二元論の方がよほど危険だと思いますね。
超々低リスクでも社会的パニックを誘発する思想だからです。

英国の発生数は莫大です。発見されたのが1986年ですから、事実上、英国人は
最低でも四半世紀はBSEリスクにさらされているわけです。
何の対策も取っていなかった時期すらあるのに死者は150人に満たない。

私は「危険」というよりは米国はルール、常識を守れ、ということですね。
「暫定清浄国」などというマイルールを持ち出すな、と。
EU並みの対策は取れ、と。

・・・ということで、現時点では米国産牛肉の禁輸続行に賛成です。

128 :朝まで名無しさん:05/01/10 17:15:14 ID:8+nJV3Vb
>英国の発生数は莫大です。発見されたのが1986年ですから、事実上、英国人は
最低でも四半世紀はBSEリスクにさらされているわけです。
何の対策も取っていなかった時期すらあるのに死者は150人に満たない。

その死者数は現在判明しているものだけでしょ
潜伏期間の長さを考えましょう

129 :朝まで名無しさん:05/01/10 17:17:03 ID:8+nJV3Vb
>日本の農水省が輸出再開を「妨害している」と指摘、
>事態打開には首脳会談が必要との見解を示した。

農水省が国民の安全を考えて輸入禁止にしているのは当然
人命にかかわる問題を政治決断で決めるのは間違っている

130 :朝まで名無しさん:05/01/10 17:25:37 ID:8+nJV3Vb
日本は人口がイギリスの2倍以上いることも考えれば被害者の数は増えるだろうな
それと発覚してすぐに対策を採ったイギリスと放置のアメリカ・・
放置されているうちに汚染が広まるってことも計算に入れるべきだな

131 :牛肉狂信者:05/01/10 19:21:26 ID:95kn6hfK
そーゆーとんでもないアバウトな感覚でのリスクを「危険」と言ってるから
アメリカに「科学的でない」などと、付け込まれちゃうと思うんだけどね。
ま、私も輸入解禁反対論者なんだけど、どーもねーと思うよ。

英国において95〜04(12月まで)vCJDの死者の推移は

3→10→10→18→15→28→20→17→18→8 計147

で、ちょっと前までは「増加傾向だ!とんでもなく死ぬぞ!」などと騒いでいた
わけで。少しは短絡的予想というものに羞恥心を持って頂きたい。
ちなみにBSE感染牛(判明分のみ)は184,045頭。去年ですら242頭発生。
(日本はこれまで14頭。確かチェコと同じくらい)

英国でも死者は減少傾向ですが、あえて今後も年間20人出るとしましょう。
2000人死ぬまで100年かかります。
1万人なら500年かかるわけで、これを心配するなら、まだ環境問題や核戦争で
人類絶滅を懸念する方が、よほどリアルだと個人的には思いますが。

132 :朝まで名無しさん:05/01/10 19:25:19 ID:ySqMSZn6
米でルセルンの牛乳でサルモネラで死人が出たときも、農水省や
厚生省はノープロブレムだったね。今回も同じさ。

133 :朝まで名無しさん:05/01/10 20:41:04 ID:8+nJV3Vb
>>131
厳密な予測は不可能でしょう。
最悪を予測して可能な対策を立てるのがリスクマネージメントの常識ですが?

イギリスで死者が減少傾向なのは肉骨粉を禁止したから。
アメリカでは実質的には規制なし。
今後はイギリスより多く発生する可能性は高い。

規制もしていないのに根絶されると考えるほうが科学的ではないよ。

134 :朝まで名無しさん:05/01/10 20:41:55 ID:8+nJV3Vb
つまり、BSE発生で肉骨粉を禁止したイギリスと放置のアメリカではアメリカの方がはるかに危険なわけ。
わかった?

135 :朝まで名無しさん:05/01/10 20:54:30 ID:Xl1JqEyi
早く規制解除せえ

136 :朝まで名無しさん:05/01/10 20:57:58 ID:8+nJV3Vb
>>135
アメリカが肉骨粉の使用を全面禁止して5年位したならいいんじゃない?

137 :朝まで名無しさん:05/01/10 21:05:24 ID:Xl1JqEyi
アメリカ人は食べてるんだろ

138 :朝まで名無しさん:05/01/10 21:10:47 ID:8+nJV3Vb
>>137
そうそう
だからある競馬場で数年の間に10人ほどが死んだよね
そういう事例は実はごろごろあると思われ

アメリカは食肉業界の力が強いから有効に規制しないけどね

139 :朝まで名無しさん:05/01/11 00:06:04 ID:8+nJV3Vb
肉骨粉は欧州では全面禁止なのにアメリカは野放し
BSEの拡大を防ぐためには肉骨粉禁止が必要なことは常識なのに、米国は危険すぎる
小泉が輸入再開するようなら国民のことを考えていない証拠だから民主党を応援しよう

140 :牛肉狂信者:05/01/11 01:39:00 ID:4gBtQOJm
>>133

だから言ってるでしょ。
最悪を予測するのがリスクマネージメントなら他の要因での人類絶滅を考える方がリアルだって。
去年ですら英国は242頭発生です。
肉骨粉規制で発生数は減少してますが。
潜伏期を考えると肉骨粉規制とvCJD死者数に因果関係を求めちゃまずいんでないの?
(BSE潜伏期80年代初頭?)→86年BSE確認→88年反芻獣肉骨粉規制(不徹底)→96年完全禁止

私は英国の対策を持ち上げるってのが理解出来ないなぁ。
元はと言えば英国が駄目だから、こんな有り様なわけで。
しつこいですが未だに1年で242頭ですよ。
日本は3年で14頭。

そして私は米国はちゃんと対策を取らない限り輸入再開すべきでないと主張しています。
あなたの言うリスクマネージメントとはちょいと違うとは思うけどルールに則ったリスク管理をやれ、と。
なぜ、ケチをつけられたか理解不能ですね。

結局、リスクがどのくらいかを考察もしないで「予測は不可能」なんて言うのは
確実に非科学的。交渉で米国が勝ちますよ、そんな主張は。
そもそも「予測は不可能」で「最悪を予測」なんて矛盾ですよ。
私の考察は>>127>>131の通り。
食品安全委など専門家の推定もありますし。
あなたの考察するリスクを教えてもらいたいですね。

・・・ま、船瀬俊介みたいに数十万人死亡説出されても困っちゃうけどw

141 :朝まで名無しさん:05/01/11 01:57:50 ID:KQP5t+iq
安けりゃ喰う。びびる必要などない。
肉買いに行く間に車に跳ねられて死ぬ方が確立高そうだ。

142 :朝まで名無しさん:05/01/11 13:58:38 ID:Ljbm1hpz
>>141
でも癌で死ぬ確率のほうが高いから脳卒中の心配はしないってのもおかしいでしょ。
車に気をつけるのと同様に肉にも気をつけりゃいいんですよ。
潰せるものは潰していくべきかと。

143 :朝まで名無しさん:05/01/11 14:21:48 ID:oTmFAQN9
>>140
このスレ、業界の人張り付いてるみたいだな

>最悪を予測するのがリスクマネージメントなら他の要因での人類絶滅を考える方がリアルだって。

防ぎようのあることなら防いだほうがいいでしょう。
隕石で滅亡なんていうのは防ぎようがないからな。
いや、それも宇宙防衛なんて構想もあるくらい。

>しつこいですが未だに1年で242頭ですよ。
日本は3年で14頭。

アメリカはサンプル検査だから全体での発見数は不明だな。
それが問題。


144 :朝まで名無しさん:05/01/11 14:22:23 ID:oTmFAQN9

>あなたの言うリスクマネージメントとはちょいと違うとは思うけどルールに則ったリスク管理をやれ、と。

ルールは誰が決めるの?
俺はこういう問題が科学者の意見を聞き、その中でできるだけ悪い予測が当たっても対応できるようにするのが筋だと思う
例えば>>99にでてくるノーベル賞を受賞した学者のような専門家のね。

あなたのように、危険はないという楽観派の学者の主張を聞いて対策を緩めるのはおかしい

>結局、リスクがどのくらいかを考察もしないで「予測は不可能」なんて言うのは
確実に非科学的。交渉で米国が勝ちますよ、そんな主張は。

厳密な予測が出せると考えるほうこそ非科学的でしょ。
あなたは来年インフルエンザで何人死ぬか正確に算出できますか?
できないから対策はとらないのですか?

交渉で米国が勝つとすればそれは日本の政治家の交渉力が弱いからです。
それとあなたのようにマスコミや米国政府にだまされて危険はないと主張する消費者がいるからです。

リスクは無限にある。なぜって肉骨粉を禁止していないから。
BSEの感染サイクルを立たないと理論的には半永久的に流行が続く。
この感染サイクルの問題こそ欧州は重視し肉骨粉を全面禁止しているのにアメリカは実質的に野放し。


145 :朝まで名無しさん:05/01/11 14:48:56 ID:USsIN+/m
日本でBSEで大騒ぎしてた時から、アメリカでもBSE騒動があり、アメリカ
マスコミも相当騒いでいたが、上からの介入があったのか1ヶ月以内に沈静化し、
馬鹿な日本企業が挙って買い漁った。その事実をしり、とある牛丼屋に問いてみ
たら回答は、アメリカの牛肉は完全に安全な商品です安心して下さいと。回答した。
ハッキリ言って、間抜けも良いところだな。アメリカマスコミも欧州からの肉骨粉
の輸入と使用の事実は掴んでいたが、どのくらいの量入ってきたのか?使用された
のか?は、資料が残ってないので不明と説明してたから。実際、日本人の何人かは
BSE感染牛を食した可能性もある。また、日本はだまされる可能性はあるから、
気をつけよう。カナダ産牛肉を中国産と偽装表示した牛も出回ってるうわさがありますから。

146 :朝まで名無しさん:05/01/11 14:56:17 ID:/GFgJKRV


バカ小泉・バカ自民党公明党政府は アメリカの命令で 全頭検査を廃止。



42 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)