5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

自衛隊官舎にイラク派兵反対のビラいれに無罪判決

1 :朝まで名無しさん:04/12/17 12:59:39 ID:fATKeB1z
自衛隊官舎に自衛隊のイラク派兵反対を訴えるビラを入れたことで住居侵入の罪に
問われた、市民団体「立川自衛隊監視テント村」の3被告に対する裁判で、東京
地裁八王子支部(長谷川憲一裁判長)は3人全員に無罪(求刑はいずれも懲役6カ月)判決だした。

裁判では、ビラ入れという表現行為を規制する今回の逮捕・起訴が、憲法が
保障する表現の自由とのかねあいでどう評価されるかが争われた。

憲法の保障する言論・表現の自由からして無罪になるのは当然で、「建造物不法侵入」などと
言う現行刑法の治安的運用が行われたことは怒りに耐えない。しかも、75日間も
不当にも拘留することにより、国家が反戦の市民運動に対する妨害をした。「被告」の
生活の破壊も行われた。許しがたい弾圧であり、戦時下の言論弾圧であることを感じざるをえない。

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041216-00000253-kyodo-soci


220 :朝まで名無しさん:05/01/06 10:19:31 ID:mnv4fA7k
なんか市民運動の方法論に話が及ぶと、
「市民運動に至った本質」の論議に話をすり替える香具師がいるな。
(例えば214のような質問はその典型例だわな)
なんか「本質」が正しいから、その裏打ちのある「活動」もまた正しいとすり替えてる香具師がいる。
まあ世にいる市民運動家の常套的な論法なんだけど、
でも本質が正しいからって、それに基づいた行動が正しいとは限らないわな。
むしろ本質が正しいからって無法な行動ばかり取ってきたら、
市民への迷惑は多大なものになるし、それが原因として「本質が間違ってる」的な評価を下されるかもしれない。
それは市民運動にとって大きな損失のように思うんだけどね…

まあ狭い世間の中でのみ運動をしているから、そうなるんでしょうな。
大沢(「テント村」のボス的立川市議)なんて、テント村さえ押さえておけばいつまでも市議に当選できるんだし。
どうしても狭い社会でのみで物事を判断するようになってしまう。
広い交流って言っても、せいぜい等質的なプロ市民が相手だから、世界観が広がらない。

結局、井の中の蛙なんだよな…

221 :朝まで名無しさん:05/01/06 17:00:08 ID:ZC4bPbz9
>>220
>なんか「本質」が正しいから、その裏打ちのある「活動」もまた正しいとすり替えてる香具師がいる。
その延長線上にあるのが"テロリストの理屈"ってやつですな。

222 :朝まで名無しさん:05/01/07 13:43:56 ID:AMDdi3Qh
>ビラ弾圧事件  市民団体が緊急集会
>「インターネットの掲示板でおかしいと声をあげている」と発言が続きました。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-01-07/01_03.html


共産党の工作員さんご苦労様です。

223 :朝まで名無しさん:05/01/07 18:28:12 ID:OBp/T95E
>>220

このスレでおたくは妄想ぶっ飛ばしてばっかりだったが、初めておたくのレスに同意する。
それなりに同意ね。たしかに、それが正論。

が、問題は連中の活動の方法が正しいかどうかじゃなくて、
連中が有罪になるべきか、逮捕されるべきか、75日間拘留されるべきかである。

ところで、活動の方法論についてだけど、連中は別に奇をてらったこと
やっていたとは思わない。「毎月一回程度、各戸に一枚、3、4名で、お昼頃に、
30分程度、チャイムを鳴らすでもなく、コミュニケーションを図ることもせず、などなど」
程度なんだから。裁判所も>>171>>172>>173のような見解だね。

ただ、一般論としてはおたくに同意できるところはある。
運動が最大の効果をあげるにはどうすべきか?という問いは重要だね。
グリーンピースの一部の過激な活動や、ラムズフェルドの証言中に奇声を上げるとか
かなり大胆なことをやる人たちもいる。彼らは効果を上げているか?
YesともNoとも言える。まあ、難しい問題だ。考え出したらキリがなくなる問題。

224 :朝まで名無しさん:05/01/07 21:12:35 ID:6AisITjh
>>223
自衛隊監視テント村の構成員が
無断で自衛隊宿舎に入るという点で、
十分に奇をてらっていると思うが・・・

225 :朝まで名無しさん:05/01/07 23:53:51 ID:8uPGuAP2
>>223
>連中は別に奇をてらったこと やっていたとは思わない。

その判断は難しいね。
例えば自衛隊官舎以外の住居にも同様の行動を同じ頻度だけやっているのなら、
確かに「奇をてらった行動」ではない。
ただ、通常は街頭でのビラまき程度に限定しているのに、
自衛隊官舎だけについてのみこのような行動を取ったとするならそれは「奇をてらった」行動になる。
「自衛隊官舎」で行われた行動についてのみ判断するのではなく、
本来ならば他所で行われた行動と「自衛隊官舎」で行われていた行動を比較して、
その上で判断するべき問題だったように思う。

あと貴殿は

>「毎月一回程度、各戸に一枚、3、4名で、お昼頃に、
>30分程度、チャイムを鳴らすでもなく、コミュニケーションを図ることもせず、などなど」

これを重要視してるみたいだけど、
例えば商業ビラを配っている連中やその他の政治団体が、
集合郵便受けに投入する程度のビラ配りに限定していたとするならば、
各戸の扉の郵便受けに投入する行為は個人法益侵害の度合いが高いと思う。

問題は、テント村の官舎とその他に対する行為態様の違いと、
官舎に対して行われる企業や各団体の「ビラ配り」の度合いについて、
誰もが言及しなかったことだよな
そこが分かれば、どっちが悪いのか明らかに判断できる材料だし。

226 :朝まで名無しさん:05/01/08 07:47:28 ID:m9xP9scu
http://henkyonews.cocolog-nifty.com/articles/

227 :朝まで名無しさん:05/01/08 10:37:32 ID:bwjrJl2W
つかさ、良い悪いの話じゃないでしょ。
常識外れかどうかの話でもない。
有罪かどうかの話。

俺だって、この連中のやってることについては「???」だし、
自衛隊員や家族をほっといてやれよと思う。

が、だからといって彼らが有罪になるべきだとは全く思わない。
今回の裁判所の見解に同意。

228 :朝まで名無しさん:05/01/08 11:30:53 ID:nRpqWOsK
>>227
ここの有罪無罪は結構重要だよ。
なぜなら、判例には法的な拘束力がある。

もしもここで無罪になった場合、
政治的なビラまきについて、ここまで合法だ、という判断がなされてしまうことになる。
となると、今度はこれを根拠として「???」って行為が繰り返される事になるよね。
そうなるとやはり個人の人権の観点から考えるとまずいように思うんだけどね。

ただこれで実刑判決が下されるとしたら、これはこれで大問題なのは否定できない。
それをやると今度は政治活動に対する圧力になってしまうからね。

それを考えると、有罪判断が妥当で、ただ量刑で斟酌するのが妥当のように思う。

229 :朝まで名無しさん:05/01/08 11:46:42 ID:2xgQQ2ad
批判するのは自由だが常識の範囲でしてほしいよ。今回の事は
非常識だが、犯罪とまでは言えない、微妙なとこだな。

230 :朝まで名無しさん:05/01/08 16:05:48 ID:jfQZ4f8w
プロ市民活動が犯罪じゃない?釣り?池沼?>>229

231 :朝まで名無しさん:05/01/08 16:32:29 ID:jVCHDulh
地裁の判断

(エ)結論
@ 以上のとおり,被告人らが立川宿舎に立ち入った動機は正当なものといえ,その態様も相当性を
逸脱したものとはいえない。結果として生じた居住者及び管理者の法益の侵害も極めて軽微なものに過ぎない。
   
さらに,被告人らによるビラの投函自体は,憲法21条1項の保障する政治的表現活動の一態様であり,
民主主義社会の根幹を成すものとして,同法22条1項により保障されると解される営業活動の一類型
である商業的宣伝ビラの投函に比して,いわゆる優越的地位が認められている。そして,被告人らの
本件ビラ配布と同様の態様でなされた商業的宣伝ビラの投函に伴う立ち入り行為が何ら刑事責任を
問われずに放置されていることに照らすと,被告人らの各立ち入り行為につき,従前長きにわたり同種
の行為を不問に付してきた経緯がありながら,防衛庁ないし自衛隊又は警察からテント村に対する正式
な抗議や警告といった事前連格なしに,いきなり検挙して刑事責任を問うことは,憲法21条1項の趣旨に
照らして疑問の余地なしとしない。
   
以上,諸般の事情に照らせば,被告人らが立川宿舎に立ち入った行為は,法秩序全体の見地からして,
刑事罰に処するに値する程度の違法性があるものとは認められないというべきである。
 

>>ようするに、同じような態様で行われる商業活動を放置してるなら、
>>それより優位な表現活動に刑事責任は問えないと。

232 :朝まで名無しさん:05/01/08 16:33:08 ID:jVCHDulh

A この点,検察官は,本件各立ち入り行為が刑事処罰の対象とならないならば,居住者や管理者は,
被告人らの立ち入りを受忍しなければならなくなり,また,ビラ投函を隠れ簑とした不当な目的による立ち
入りに対しても排除する手段を持ち得なくなり,かかる結論は不当であると主張する。
   
だが,前述のとおり,被告人らが居住者や管理者の反対を押し切ってビラを投函する意図は有していなかった
と思料されることからすれば,テント村に対して正式に抗議の申し入れをすることによって,敷地内に立ち
入ってビラ投函することを止めさせることは可能であったと考えられる。そのような申し入れによって,居住者
や管理者が敷地内への立ち入りを強く拒否していることが明らかになっても,立ち入りを続けた場合,あるいは
ビラの内容が脅迫的なものになったり,投函の頻度が著しく増える,立ち入りの際に居住者との面会を求める
など,立ち入りの態様が立川宿舎の正常な管理及びその居住者の日常生活に悪影響をおよぼすようになった
場合には,立ち入り行為の違法性が増し,刑事責任を問うべき場合も出てくると思料される。 また,不当な
目的を秘した立ち入りを排除できないとの点については,必ずしもビラ投函を仮装する場合に限定される
問題ではなく,他方,ビラ投函を仮装したものであるか否かは,従前のものも含めた立ち入り行為の態様,
立ち入った者が所属している組織の性格等から,ある程度合理的に推認することができると考えられる。
よって,検察官の主張には理由がない。


>>ようするに、嫌ならちゃんと抗議しろと。
>>ましてや、防衛庁という強い組織なら十分可能だろと。
>>「カモフラージュ」野郎がいたら、その都度合理的に判断できるはずと。


233 :朝まで名無しさん:05/01/08 16:49:06 ID:7S4EozQB
そもそも、なんで防衛庁側は抗議も何もしなかったんだ?
なんで抗議もしてない段階で警察は逮捕して、検察は起訴に踏み切ったんだ?

>つうか逆に言うとこの逮捕は、
>「テント村」側が警察の違法性をでっち上げるため、
>自身の政治思想を宣伝するために逮捕させたような代物のような気がしてならないな。
>要するに運動の一環としての逮捕。

まったく逆で、このような活動に対して牽制するための逮捕・起訴
だったんじゃないか?っての方が妥当だと思うけど。

234 :朝まで名無しさん:05/01/08 18:45:15 ID:pgPVk4Md
>>231-232
>>ようするに、同じような態様で行われる商業活動を放置してるなら、
>>それより優位な表現活動に刑事責任は問えないと。

「毎月一回程度、各戸に一枚、3、4名で、お昼頃に、
30分程度、チャイムを鳴らすでもなく、コミュニケーションを図ることもせず、などなど」
これが、ストーカーが行った行為だとしたらどうかな?
相手は気味悪く思うのではないかな?

自衛隊監視テント村がビラまきの主体であり、ビラまきの対象が自衛隊宿舎である以上、
ビラまきという態様だけで判断できないと思う。
逆に言うと、ビラまきの態様だけで「法益の侵害も極めて軽微なものに過ぎない」とする
地裁の判断は疑問がある。
(まぁ、検察も控訴したわけだが)

>>ようするに、嫌ならちゃんと抗議しろと。
>>ましてや、防衛庁という強い組織なら十分可能だろと。

防衛庁という組織の問題ではなく、自衛官とその家族の個人の問題だろう。
つか、防衛庁=国家機関が抗議したら、それこそ言論弾圧だと騒がれかねない。
でだ、個人がエキセントリックな市民団体に抗議するのは難しいだろう。
(市民団体を右翼団体に置き換えて考えてみればよろし)

235 :朝まで名無しさん:05/01/08 19:17:48 ID:LiVsrw9e
>>234
> 「毎月一回程度、各戸に一枚、3、4名で、お昼頃に、
> 30分程度、チャイムを鳴らすでもなく、コミュニケーションを図ることもせず、などなど」
> これが、ストーカーが行った行為だとしたらどうかな?
> 相手は気味悪く思うのではないかな?
>
> 自衛隊監視テント村がビラまきの主体であり、ビラまきの対象が自衛隊宿舎である以上、
> ビラまきという態様だけで判断できないと思う。

だから、判決ちゃんと読みなよ。
こいつらがどういう連中で、どういう活動してきたか、
どんな目的でビラ投函したか、どんなビラか、
将来活動がヤバイものになるかなどについてさんざん考慮し、
そしてビラ投函の態様も穏当だという判断だろって。

(エ)結論
@ 以上のとおり,被告人らが立川宿舎に立ち入った動機は正当なものといえ,その態様も相当性を
逸脱したものとはいえない。結果として生じた居住者及び管理者の法益の侵害も極めて軽微なものに
過ぎない。(>>231)

>防衛庁という組織の問題ではなく、自衛官とその家族の個人の問題だろう。
>つか、防衛庁=国家機関が抗議したら、それこそ言論弾圧だと騒がれかねない。
>でだ、個人がエキセントリックな市民団体に抗議するのは難しいだろう。
>(市民団体を右翼団体に置き換えて考えてみればよろし)

だから、判決を・・・
あと>>174>>162あたりを。


236 :朝まで名無しさん:05/01/08 20:27:54 ID:pgPVk4Md
あのさ。
地裁判決の(事実認定の)おかしいと思うところろ指摘しているわけね。

普通の市民感覚からすれば、いくら自衛隊に反対だからって、
テント村作って監視しようとまでは思わないでしょ。
まして、監視されている側はどう思うか・・・

住民の一人が抗議してビラを回収させて終わりなら、
そもそも警察が逮捕する必要なんかないでしょ。
住民の抗議の後も、ビラまき(不法侵入)を続けたんでしょ。

237 :朝まで名無しさん:05/01/08 20:39:22 ID:pgPVk4Md
(8)前記ビラ投函行動後の状況及び平成16年2月22日のビラ投函行動
(同年3月31日付けで追起訴された公訴事実に係るもの)の状況について
(ア)前記ビラ投函行動の直後に開催されたテント村の定例会議において,被告人大洞及び
被告人大西が立川宿舎の居住者から前述のような注意を受けるなどしたこと,関係者以外の
立ち入りを禁ずる旨の貼り札もあったことが話題に上り,今後のビラ投函をどうするかにつき
検討がなされた.その結果,まず,自衛隊のイラク派遣に反対するビラ投函に関わる連絡は
いまだ一切テント村になされていないことが確認され,いずれのビラにもテント村の連絡先は
明記してあるのだから,立川宿舎の居住者らがビラ投函の打ち切りを求めているのであれば
管理人もしくは自衛官が直接テント村に抗議の連絡をしてくるはずである,それまではとりあえず
様子を見るということで2月のビラ投函も予定どおり実施するという結論に達した。

http://homepage2.nifty.com/osawa-yutaka/heiwa-iraku-dannatu-hanketu.htm

238 :朝まで名無しさん:05/01/08 20:45:03 ID:pgPVk4Md
注意して立ち入り禁止の張り紙までしたのに、
ビラまき(不法侵入)を続けられたらかなわんでしょ、普通。


239 :朝まで名無しさん:05/01/08 21:51:15 ID:Ito9HTkB
>>237
の判決文の3−(8)を見て疑問に思ったところ。

3−(7)において、現実に住民からクレームを受けているのに、
防衛庁や住民からの直接テント村に抗議をするはずであるという理由から、ビラ投函を継続したこと。

常識的に考えれば3−(7)の時点で住民から直接的な抗議を受けた事になるはずなのに、
なんで防衛庁や居住者からの「連絡」がなければ「抗議にならない」と判断したのか?
その辺の判断基準が疑問になってくる。

また裁判所の判断について、現実にそういうクレームが起きていたことから、
現実に住民の中に不安感があったことは事実であると推定されるのに、
被告の行為態様のみを持って「そういったものに該当しない」と判断していることが疑問に思う。
また裁判所も
>防衛庁ないし自衛隊又は警察からテント村に対する正式な抗議や警告といった事前連格なしに
判断しているけど、住民からテント村に直接抗議があったことを考えるならば、
正式な抗議がなくても逮捕することは可能じゃないかと思う。

240 :朝まで名無しさん:05/01/08 22:07:49 ID:Ito9HTkB
>>235
つうかあなたもしつこくビラの内容とビラまきの態様ばかり言ってくるねw
(しかも>>234を書いたのは漏れではないしw)
まあテント村側としては行為態様と被害届提出時の公安関与が突破口だからやむを得ないのはよく分かるけど。

しかし常識的に考えれば1月の時点の住民からのクレーム2件で、
住民感情を害しているおそれがあると考えて、
ビラ配布をストップさせないとおかしいってのが常識だと思うよ。
実際に被害相談が12月に行われているのに、住民からの抗議については1月、
そして直接的な逮捕の原因になったのは2月のビラ配りだし。
そこまでに止める余地はいくらでもあったし、また事実クレームもあったんだから止めるべきでしょうし。
さらに防衛庁側だって「敷地外のビラ配りは構わない」と言及しているように見えるし。(判決文より)
だから政治活動の自由って観点から言うなら、より個人の法益を侵さない程度の活動ができることは明白なのだから、
その時点で個人の法益を守る(=有罪)という判断が下されてもおかしくはないんじゃないかと思う。

まあここから先は裁判官や個々人によって判断が大きく変わる部分だろうな。
政治活動の自由と活動の公益性、自衛隊官舎住人の公人性を考えれば貴殿のように無罪になるだろうし、
実際のクレームの存在などから個人法益の侵害があったと考えれば漏れのような判断になる。
そしてこの判断は、個別のビラ配布行為について、大きな影響を与えることになるだろうね。


241 :朝まで名無しさん:05/01/09 08:56:07 ID:0jHJlTZp
個人法益侵害は軽微で受忍の範囲内だ、という判決のようなんだが。
政治活動の自由と個人の法益のゼロサムゲーム、どっちを取るかという話ではなくて、
政治活動の自由の重大性からみて個人の法益侵害の範囲は軽微だった、という判断だろ。

逆に、個人の法益侵害が政治活動の重大性より優る、という判断を下したい人は、
抗議があったという事象だけ捉えて、その侵害の重大性を客観的に判断しようとしてないように見える。
普通に考えて、ビラ配りという具体的行為に即して判断するしかないだろ。
それと、政治活動<個人法益とした場合の、政治活動全体に及ぼす影響についての考察に欠けるように見える。

> より個人の法益を侵さない程度の活動ができることは明白
絶対これおかしいね。
抗議があったら法益侵害である、とは言えないよ。
極端に言えば、個人の主観で許せない行為は禁止できることになってしまう。
客観的に考えるなら、商業ビラについては容認していながら、
政治ビラは看過できないので禁止、とは言えない。

242 :朝まで名無しさん:05/01/09 12:58:31 ID:iqoEi0wE
>客観的に考えるなら、商業ビラについては容認していながら、
>政治ビラは看過できないので禁止、とは言えない。

>>231のこれだね。

さらに,被告人らによるビラの投函自体は,憲法21条1項の保障する政治的表現活動の一態様であり,
民主主義社会の根幹を成すものとして,同法22条1項により保障されると解される営業活動の一類型
である商業的宣伝ビラの投函に比して,いわゆる優越的地位が認められている。そして,被告人らの
本件ビラ配布と同様の態様でなされた商業的宣伝ビラの投函に伴う立ち入り行為が何ら刑事責任を
問われずに放置されていることに照らすと,被告人らの各立ち入り行為につき,従前長きにわたり同種
の行為を不問に付してきた経緯がありながら,防衛庁ないし自衛隊又は警察からテント村に対する正式
な抗議や警告といった事前連格なしに,いきなり検挙して刑事責任を問うことは,憲法21条1項の趣旨に
照らして疑問の余地なしとしない。

243 :朝まで名無しさん:05/01/09 14:37:26 ID:zB8B4ELC
確かに有罪に持ち込むには難しい所があるわな。
この態様、また商業ビラとの関係を見るなら、無罪にしざるを得ないのは事実かもしれない。

ただ、個人的には商業ビラだろうと政治活動ビラだろうと、
見知らぬ人が集合住宅の敷地内に入り込んでビラを入れたら不気味だとは思う。
また「テント村」が確信犯的にやったことも事実でしょう。
(現に1月に住民からの抗議があった以上、それを続けるのは確信犯的と言わざるを得ない)

ただ、その辺りの部分についてはそれこそ裁判では議論がなされない部分なんだよな…

結局、刑法・刑事訴訟法的な判断としてはこれが妥当と言わざるを得ない。
ただあくまでもこれはその分野においてのみ「妥当」というのであって、
個人の人権と政治活動の自由とのぶつかり合いや、政治活動の方法については考慮する余地はたくさんあると思う。
一番怖いのはこの考慮する余地すら「テント村」の連中が無視することだろうが…

244 :朝まで名無しさん:05/01/09 14:58:00 ID:koo9MIgo
>ビラ弾圧事件  市民団体が緊急集会
>「インターネットの掲示板でおかしいと声をあげている」と発言が続きました。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-01-07/01_03.html


共産党の工作員さんご苦労様です。

245 :朝まで名無しさん:05/01/09 15:34:54 ID:gkqDQSGt
>「インターネットの掲示板でおかしいと声をあげている」と発言が続きました。
確かに無罪になった事がおかしいと声をあげてるな(w

246 :朝まで名無しさん:05/01/09 16:57:23 ID:u1ye5uy1
>>241
>政治活動の自由の重大性からみて個人の法益侵害の範囲は軽微だった、という判断だろ。
>極端に言えば、個人の主観で許せない行為は禁止できることになってしまう。

問題は、その政治活動が行われた場所なのであって、
それが個人の住居であるならば、個人の主観で許せない行為が禁止されるのは
むしろ当然といえるのではないか?
そもそも、件の市民団体にとっても、自衛隊宿舎にビラをまくという行為が、
唯一の政治活動の方法というわけではあるまい。

247 :朝まで名無しさん:05/01/09 19:42:58 ID:pJHN00aY
>>246
以前からこの行為について有罪と書いている者なんだけど、やっぱり思想転向。

やはり刑法的に見たらこの判断は妥当だと思うよ。
まあ建物に入ってのビラまき行為は不法侵入罪の構成要件には該当するけど、
被告側の言う「商業ビラが入っていた」ことが事実ならやはり無罪やむなしだと思う。
(もっともこの「商業ビラが入っていた」ってのが真実でなく、単なる方便だとするなら、
被告側の言う「商業ビラが認められているのに…」って論点は疑問になるけど…)

>>241氏のいう問題ってのは、確かに大きな問題だと思うけど、
法益侵害に対して制裁を加えるという意味での刑法の観点から言うと、
やはりこれで制裁を加えるのは間違いのように思うんだな。
もちろん、このような政治活動が行われたこと、
またクレームが付いたのに続行したことは大問題であるといえるけど、
それについて民事間での解決を図ることが先決で、いきなり警察ってのは疑問だし、
まあそこまで受認できないところまで来ていて警察に相談したとしても、まず一度注意するのが先決。
もしくは逮捕するなら現行犯でやるべきもので、逮捕状を取るほどのものでもないし。
また普通なら軽微だから裁判までは行き着かないように思うんだよな。
(無論、そこに至るまでにテント村が悪質な行為を行っていたのなら別だが)

だから今回の判断は妥当と言わざるを得ないし、こう判断するしか方法がない。

もっともそれは「テント村」の一連の運動行為の正当性とは全くの別問題だとは思うけどね。
一般住民から抗議を受けて中止しないのは問題ありといえるし。
また裁判の進め方、証人の集め方、その他諸々について問題があったと言わざるを得ない。
(事実、支持者サイトに当該裁判の裁判長の諸処の情報を公開し、暗に圧力を加えていたっぽいし)
しかしこれはこの裁判で語るべき問題ではない。

まあこういう一つ一つの事実を表にすることによって、
市民的な圧力で悪質な市民運動を駆逐するしか方法はないんだと思う。
(少なくとも大澤の落選運動みたいな活動でいくしかない)

248 :朝まで名無しさん:05/01/09 20:41:00 ID:u1ye5uy1
>>247
>被告側の言う「商業ビラが入っていた」ことが事実ならやはり無罪やむなしだと思う。

今回の件で、はたして商業ビラと比較することが妥当なのかどうか・・・
自衛官やその家族にとっての不快感という意味では
今回のビラ(抽象的一般的な政治ビラではなく、ね)>商業ビラ
だと思う。

今回の判決の理屈は、抽象的一般的な政治的言論の優位性だけで、
特定の対象(自衛官とその家族)をターゲットにしている政治活動という点が
考慮されていないような気がして、そこがひっかかるところなんだよね。

漏れは執行猶予付きの有罪判決が妥当だと思うのだが・・・

249 :朝まで名無しさん:05/01/09 21:33:09 ID:6TcICb+j
たとえば、「日本外交・外務省監視村」みたいな団体があって、過去の活動内容もテント村と
同じようなもので、外務省の官舎に「外務省のみなさん・家族のみなさんへ 日朝国交正常化
が何をもたらすというのか?」「北朝鮮に対する妥協にイヤだと言おう」「北朝鮮に囚われている
のは小泉ではない」「いっしょに声をあげよう」みたいなビラをテント村がやったように投函して
たら?

不快だと思う住人も、まったくだと思う住人もいるだろう。
ほとんどの人は「ほっとけ」程度だと思うけど。

250 :朝まで名無しさん:05/01/09 21:57:29 ID:TsM7dT+o
>>248
>今回の判決の理屈は、抽象的一般的な政治的言論の優位性だけで、
>特定の対象(自衛官とその家族)をターゲットにしている政治活動という点が
>考慮されていないような気がして、そこがひっかかるところなんだよね。

確かにこの一件について意見を挙げることができない自衛官を狙い撃ちにした、
「テント村」のやり方は正しいとは思えない。
これは有罪論を展開する人間だけでなく、無罪論を展開している人の中からも結構出てきている。

ただこれについては、検察も被告側も何も言っていないのが現実なのよ。
だからその部分について斟酌することは裁判所としてはできない。
そうなると抽象的一般的な政治的言論の優位性だけで判断せざるを得ない。
だからこういう判断になるのだと思う。

正直な話、検察の裁判のやり方がへっぽこだったように思う。
「郵便受けの商業ビラ」ネタとか「自衛隊員とその家族のみを狙った」ネタなど、
商業ビラ・政治ビラに関わらずビラ投入はまずかろうって議論に持ち込んでしまえば、
おそらく猶予付きの有罪になったんじゃないかと思うし、
商業・政治関わらず迷惑ビラ配布行為にブレーキがかかったんじゃないかと思う。
しかし「テント村」の政治性ばかり狙っていたものなあ…
それをやったら相手は黙秘は必至だし、テント村側にはそういうのに長けた弁護士がたくさんいたんだし。
完全にやり方の失敗だと思う。

251 :朝まで名無しさん:05/01/10 09:09:30 ID:Lf/pz4ng
>>246
だからあそこは個人のものではないんだよ。
施設管理者である防衛庁なり、自衛隊なりからの立ち入り規制に関する警告があって、
それを無視したなら問題だと言えるけど、住人何某が不快感を示したというレベルで
逮捕していいの?という話。
商業ビラはそのまま撒かせておいて、特定の者に対して規制を掛けることが
政治活動の自由に照らして妥当な警告と言えるのか?については別の話になるけど。

それと、政治活動の手法について立ち入った議論はやめよう。
どういう手法が「正しい」政治的活動か?については、裁判所は憲法に照らして
余程のことでなければ規制したがらない(明白に法律違反とか、そういうものでない限り)。
だからこそ、今回の裁判でも問題にされてない。
あなたが他所からクレームの付かない政治的活動を目指すのは結構だが、
他人にそれを強制できないでしょ?ということ。なぜそうなのかは、多分憲法を読むと分かると思う。

252 :朝まで名無しさん:05/01/10 10:54:40 ID:S+dEMlid
存在自体が違憲である自衛隊官舎の住居不可侵は
憲法を護るための市民の立ち入り権に対抗できない。

253 :朝まで名無しさん:05/01/10 12:13:00 ID:jNUtO2NW
新住居権説?
もともと検挙自体が苦しい事例だった。

254 :朝まで名無しさん:05/01/10 12:55:53 ID:tpcNIggK
この判決は刑法解釈上の問題と、憲法解釈上の問題を混同して議論している感じがする。
どうせ無罪にするなら、住居侵入罪は成立するが、
本件に適用される限りで憲法21条に違反する、としたほうが理論上はすっきりするかも。
実際アメリカではこの種の事例は適用違憲で処理されるのが多いようだ。

255 :朝まで名無しさん:05/01/10 13:24:50 ID:Gilz19ML
>>251
>だからあそこは個人のものではないんだよ。
>施設管理者である防衛庁なり、自衛隊なりからの立ち入り規制に関する警告があって、
>それを無視したなら問題だと言えるけど、住人何某が不快感を示したというレベルで
>逮捕していいの?という話。

つまり、自衛官とその家族には、ビラまき(不法侵入)を拒否する権利はないと?w

256 :朝まで名無しさん:05/01/10 13:28:20 ID:Gilz19ML
>>251
>あなたが他所からクレームの付かない政治的活動を目指すのは結構だが、
>他人にそれを強制できないでしょ?なぜそうなのかは、多分憲法を読むと分かると思う。

時、場所、方法については強制(規制)できるよ。
例えば街宣車を騒音規制で取り締まったりね。

257 :朝まで名無しさん:05/01/10 16:30:07 ID:a/PCtKqx
>>255
> つまり、自衛官とその家族には、ビラまき(不法侵入)を拒否する権利はないと?w

なんですぐ極論に持っていくかな。
個人的に本当にイヤなら自分の郵便受けに「ビラお断り」とか書いとくなどしてくださいってこと。
別に気にしてない住人もそれなりにたくさんいるだろうしって判断でしょう。
住民みんなが団結して抗議したり拒否したりしてないわけで。


258 :朝まで名無しさん:05/01/10 18:53:30 ID:S+dEMlid
自衛官が殺人予備罪で起訴されないのに、自衛官に
殺人を犯させまいとした被告らが住居侵入ごときで
処罰されるのは明らかに公平を欠いている。
住居侵入されたくなければ自衛隊をやめればいいんだから。
これこそ自己責任だ。

259 :朝まで名無しさん:05/01/10 18:57:25 ID:GTwz3cRP
秋葉原、日本橋で蔓延っている幼児ポルノ
秋葉原、日本橋で蔓延っている幼児ポルノ
秋葉原、日本橋で蔓延っている幼児ポルノ

秋葉原、日本橋で蔓延っている幼児ポルノ
秋葉原、日本橋で蔓延っている幼児ポルノ
秋葉原、日本橋で蔓延っている幼児ポルノ

260 :朝まで名無しさん:05/01/10 18:58:27 ID:DtVZ99Uu
>>258
スーパー馬鹿?例えばだな、共産党の本部や幹部宅に誰かが勝手に
進入していいのか?盗聴器や爆弾仕掛けられたらどうする?嫌なら
共産党を辞めればいいんだ、になる訳か?

ビラまきたいなら官舎以外でやればいいの。外・で。

261 :朝まで名無しさん:05/01/10 20:32:34 ID:S+dEMlid
>>260
護憲団体である共産党と違憲の自衛隊とを
同列に扱うおまえこそスーパー馬鹿だ。

262 :朝まで名無しさん:05/01/10 23:43:58 ID:Umj6jYMG
>>251
まあこの問題については、政治活動の手法については議論すべきでないでしょうな。
むしろ議論するなら政治商業問わずビラの配布行為についてどう考えるか、
そしてそこに不法侵入罪や軽犯罪法の介入の余地があるかでしょう。

もちろん、市民運動の倫理としての手法の議論は絶対にしていかないといけないんですけどね。
なにしろ昨今では市民運動と一般市民とのトラブルが多いみたいだし。
(同様の事件で共産党員が逮捕されているし、公衆トイレ落書きも一般市民とのトラブルと言える)
まあそれはこの件とは別問題、ということで。


>>253
検挙そのものはあまり苦しくないでしょう。
裁判所も構成要件には該当すると判断しているわけだし。
(テント村側は構成要件に該当しないこと、違法捜査が行われたことを導き出そうとしたけどこれは失敗)
ただ、行為の内容や態様などから有罪にはしない(というかできない)という問題でしかない。

まあこれだけ見たら玉虫色の判決と言えなくもないですな。
検察側は逮捕そのものの正当性は認められたことになるし、
テント村側はこの判決で「活動の正当性」が認められたとするだろうし。

>>254
実質的にはその解釈ですよね。
ただ、思いっきり憲法の条文を挙げることはしなかっただけの話ですわな。

263 :朝まで名無しさん:05/01/11 01:33:40 ID:bdfJCYDu
>>257
>個人的に本当にイヤなら自分の郵便受けに「ビラお断り」とか書いとくなどしてくださいってこと。
官舎にビラまきお断りの張り紙はあったんだけどね。
(でも件の市民団体はビラまきを続けた・・・判決要旨参照)
それで、さらに自分の郵便受けにも書けと?

264 :朝まで名無しさん:05/01/11 01:38:27 ID:bdfJCYDu
>>262
>テント村側はこの判決で「活動の正当性」が認められたとするだろうし。

これが問題なんだよな。
まぁ、別問題って言えば別問題なのかもしらんが、
>>250氏が指摘しているように、政治活動の正当性ではなくて、
商業・政治関わらず迷惑ビラ配布行為という視点で
考えるべきなのではないかと思ったりする。

265 :朝まで名無しさん:05/01/11 10:50:18 ID:lIpVAyH/
刑法
第百三十条 正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、
建造物若しくは艦船に侵入し、又は要求を受けたにもかかわらずこれらの
場所から退去しなかった者は、三年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。


つまり、今回のケースでは憲法に保障された表現の自由権の行使という正当な理由が
あったから無罪。私人が阻止したら威力業務妨害罪になるし、国の機関である自衛隊、
自衛官が阻止したら直接、憲法二十一条に違反する。

266 :朝まで名無しさん:05/01/11 11:24:11 ID:PmkXiWsf
ポスティングは“正当な理由”には当たらないのですか?
フリーペーパー投函も取り締まられなければね。

267 :朝まで名無しさん:05/01/11 13:21:04 ID:lIpVAyH/
正当な理由があって立ち入ったから住居侵入罪にはならないってこと。
ウヨは漢字が多い法律は読まないんだよ。

268 :朝まで名無しさん:05/01/11 13:28:41 ID:bdfJCYDu
当たり前の話なんだけど、
憲法に保障された表現の自由権の行使といえど無制限ではない。

理屈の上では、街宣車が騒音を撒き散らすのも
「政治活動」で「正当な理由」があるわけだが、
そんなものを表現の自由権の行使として容認できるか?

269 :朝まで名無しさん:05/01/11 15:03:38 ID:Rz68/gtp
国に喧嘩を売る行為は「正当な理由」になりますw

122 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)